2018年8月29日水曜日

夏の風物詩【太鼓台】がやってきました❕



「いちにーのーさん‼ エンヤ~ッ‼」
子供たちの元気なかけ声が響きます

8月11日、今年もパステルに、
威勢の良い太鼓と笛の音が響き渡りました!!
8月10・11日は喜多方小田付の
出雲神社の祭礼ということで、
灼熱の太陽が照りつける中、
地区の青年たちが、元気いっぱいに
太鼓台を引いてきてくれました(*^▽^*)

北町の太鼓台



「おぉ~っ!」と歓声をあげる利用者さま方
「あぁ~!つめたーい‼」「きもちいぃ~」
大きな氷を浮かべたタライの水に、大喜びの子供たち。

「こども祭り囃子」

明るく澄んだ笛の音色と
軽やかな太鼓の響き。
小さなハッピを着たかわいらしいお子さんたちが
一生懸命に拍子木を鳴らす姿。
利用者さま方も職員も
胸がいっぱいになりましたぁぁ~(*´ω`)



普段は物静かな利用者さまも
太鼓の響きに合わせて
体全身でリズムをとられたり、
目を閉じて耳を澄まし
哀愁あるお囃子に聴き入ったり、
皆さま、それはそれは感激されたご様子でした(#^.^#)
中には、感極まって涙を流される利用者さまも…



そして最後に
「ねりこみ」という曲を披露していただいて
皆さん一気に盛り上がりました!!
太鼓を打っているのは…あれっ???

介護部の本多君で~す(^^)/

北町地区の太鼓台の皆様、
気温36℃を超える猛暑の中の巡行、
本当にお疲れさまでした!

可愛らしく活気あふれる太鼓台に、
利用者様も職員も、元気をたくさんもらいました。

パステル一同心より御礼申し上げます。
ありがとうございました(*^。^*)

そして、地域のますますの発展と、
子供たちの健やかな成長をお祈り申し上げます!!


                          事務:さとう




0 件のコメント:

コメントを投稿